暴君アリス

□ジャックとキミのき。
2ページ/4ページ






− * * * −




私の料理女(メアリ・アン)は、
…しあわせだったのだろうか。

最後に残されたパイの味。
焦げてしまった失敗作。
アリスへとわたるはずだった。


「…それでも、確かに美味しいよ」


屍だって恋をする。
アリスに、恋した彼女のように。
私は妬んでアリスを嫌い、彼女はそれを案じてうつむく。

 ループ。変わらぬ。

ついに、伝わることはなかった。
それでもそれは真実だった。
あぁ、誰にも告げずとも、
私がそれを真実とするなら。

 想いを、愛と呼べるだろうか。


「…メアリ・アン」


愛していた。伝わることなどもうないけれど。
これだけは永遠に本当だ。
私はとてもしあわせだった。
ありがとう。
せめて、
森の死神に気をおつけ。
アリスのままではないけれど、
不思議の森から逃げられる。
私はそれを祝福しよう。

 アリス、

私が招いた新たなアリス。
あなたは殺されたいという。
ならば、ここまでくるがいい。



「私が殺して差し上げましょう。」



少し惨めで大いに悲しい。
身から出た錆の醜さよ。
こんなことなら最初から、なにも望まねばいいのだろうか。
あぁ、それでも私はウサギ。
やっぱりしあわせがほしかった。


「…メアリ・アン」


そのしあわせが『彼女』だったと、どうして分からぬフリをする。
矛先を何故アリスへ向ける。
私はいつからこうなった?
どうして、
誰よりも好きだったのに。


「………アリス、」 破壊の。


お許しください、私のアリス。
かつてはあなたが望んでくれた、強い私はもういません。
それでも願っていいですか?



 ―…愛する 誰かの冥福を。

* * *

次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ