暴君アリス

□ジャックとキミのき。
1ページ/4ページ






友よ、私は夢を見た。
医者だと言ってた君の過去。
この森に堕ちたその時も。





《09:Being lost》







「自分」を失くしたそのときから、ホントはみんな死んでいる。
だから、アリスを愛しく思う。
ひとつの「イノチ」を愛しく想う。
…たぶん、誇っていい。
こんなに変わった自分のコト。
つきまとう過去は褪せないけど。



「さぁ、お茶会を始めるにゃ。」



雨が降る。リズムの中、いつもの面子に笑いかける。
めずらしく顔をあげてるシャンが、不機嫌そうなユーフォで遊ぶ。
あぁ、夢見が悪かったのか。
セラは笑って紅茶を差し出した。


「ありがとう。」


向こうの頬に笑みはなかった。



セ・ラ・ヴィ。素晴らしき人生よ。
アリス、あなたならそれができる。
あいしてる。

…だから、いろんな顔が見たい。

* * *

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ