二次創作

□春眠暁を覚えず
1ページ/1ページ

連勝は思う。
睡眠とは眠り始めのウトウトしている時が一番心地良いものだ、と。
特にマンションの屋上で、春の暖かい日差しを浴びながらの昼寝は最高だ。

「何だっけ、こういうの…。ミンミン…いや、シミンあかずき…?」

「春眠暁を覚えず、よ」

目を閉じて独り言を呟いていると、鋭い突っ込みが入った。

「おお、それそれ」

わざわざ目を開いて確認するまでもない。連勝のシークレットサービスの野ばらだ。声はゆっくりと近づいてきているようだった。

「こんなところで暢気にお昼寝だなんて、とっても良い御身分ね」

野ばらはとても優しい声色で話しているが、何となく言葉に棘がある。

「…あれ、何か怒ってる?」

「やあねぇ、怒ってなんかないわよ?」

いや、怒ってるな。閉じていた目を開くと、ムスッとした表情の野ばらが、連勝を見下して立っていた。
美人が怒ると怖いよなぁ、と連勝は背に汗が流れるのを感じる。

「…野ばらちゃんも一緒に寝る?」

「でかい図体で甘えた声出されたところで、全く萌えないわ」

「萌えられたいわけじゃないんだけどね」

しばらくこちらを睨むように見ていた野ばらだが、突然連勝の寝転がっている横に腰を下ろした。

「ああもう、つまらないわ!凜々蝶ちゃんは御狐神とどっか行っちゃうし、カルタちゃんは渡狸とデートに行っちゃうし、ちのちゃんはお仕事だし!!!」

「…ふーん」

「折角の!休日なのに!ラウンジにはむさい野郎どもしかいないなんてっ!!」

「そりゃあ残念だったなぁ」

「で、仕方ないから屋上に来たのよ」

盛大な溜息を吐きながら、野ばらは空を仰いだ。

「でもまあ、こういう何もしない一日っていうのも偶には良いものよね」

さっきまでの激情はどこへやら、一転して静かに野ばらは呟く。

「本当、良い天気ね」

「………」

「ちょっと、聞いてるの?反ノ塚………って、寝たのね」

あどけない顔で寝息を立て始めたパートナーに、自然と笑みが浮かぶ。

「寝顔はまあ、可愛くないことはないわね」

春の日差しに心を絆されたのは、どうやら連勝だけではないようだ。
野ばらも体を倒して連勝と並んで空を仰いでみる。

「偶には、こいつと昼寝でもしてみようかしら」

そうしてゆっくりと目を閉じた。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ