約束の日まで

記憶の容量が少ない少女は出来事や思ったことを忘れないよう、文字にして残すことにしました。何度でも思い返せる心の記憶として・・・。(日記風小説)

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ