限りある時の中で

あの日、私は飛び降り自殺したはずだった…


目が覚めるとそこは病院ではなく、見たこともない知らない物に溢れた世界。


そしてそこにいたのは下半身が蛇の青年。








表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ