贈り物

□これからもマ王
1ページ/3ページ

「渋谷ー。まだ怒ってたりする?」
 ムラケンこと村田健がそう聞いてきたのは、夏の終わりも近いある日の事。
「怒って? …なんで?」
 意味がわからず瞬きを繰り返し、手にした棒アイスを頬張る。残暑に溶け始めているアイスがウマイ。
「…怒ってないなら良いんだ。気にしないで。それより渋谷」
「んあ?」
 少し改まった声に振り向くと、ムラケンの眼鏡が光った。って村田、近い、近い!
「ちょっと付き合ってよ」
 何故か朝と同じ言葉を言うと、俺にしがみつく格好で倒れてきた。
 どうせなら可愛い女の子に言われたいぞー、その言葉。っていうか後ろ、川なんですけど?! しかもここ、浅いんじゃなかったか?! ちょっと待て村田ー! 勢いよく背中から浅い川へ落ちたりしたら、シャレにならないって!
「大丈夫。痛くないよ」
 確かに大きな衝撃は来なかったが、代わりに周りの水が渦巻いて、俺達を引き込んで行く。後はお馴染みのスターツアーズだ。
 それ自体はもう驚かないけど、ムラケン…押し倒す前に言えよなー。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ