贈り物

□見張り番
1ページ/3ページ

 一人で仕事をしているあいつに会いに行こうと思ったのは、見つけたと聞いたから。
 手土産にファーストフードのバーガーとシェイクを買ったのは、いつも手ぶらな俺に文句を言ってくるから。
―ただ、それだけ。

「お疲れさん、差し入れ」
 ノックもせず部屋に入るようにして、あいつの―伊織のいる空間へと入る。
 並の能力者では入ることも出来ないねじれた次元。
 会いに来るのは俺くらいだと伊織は言っていた。
「珍しいな、あんたが差し入れするの」
「まあ、気の迷いだな。それと、教えておいてやろうと」
 特殊な能力を持つが故に孤独であった伊織。
 目つきの悪さも、態度の悪さも、印象の悪さに拍車をかける。
 ほんの少しの共感と興味から始まった関わりは、いつしか掛け替えのない友情で結ばれていた。
「何を?」
「お前の後継者、見つかったらしい」
 言って、伊織が見張り続けている“あれ”に目をやる。
 今の俺達では、動き出さないように見張ることしか出来ない“あれ”。
 見つかった人物が真に後継者なら、伊織と力を合わせる事で消滅させることが出来るはずだが…。
「へえ」
 返事に続いてバーガーを頬張る音がした。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ